So-net無料ブログ作成

検電テスター(導通チェッカー)の製作 [DIY]

既製品を買っても数百円ですが、余っている材料で作ってみました。

kdt1.jpg
使った材料

余っているシャープペン
造作ビス
ボタン電池
LED
ミノムシクリップ
他 配線類

昔10個入り50円の一回り小さいサイズのLR41というボタン電池を買ってすっかり忘れていましたが、この電池を使ってみようというのがきっかけです。
kdt2.jpg

細いペンの中に電池が内蔵できます。交換するほど使い続けるかわかりませんが電池の交換もできます。
kdt3.jpg
今まで導通はテスターを使っていたので便利になりました。

kdt4.jpg

次の課題はペン先がとがっていて危険なので
ノック式の機構を利用して、収納できるようにしたいと思います。
また、ミノムシクリップの部分を交換式にしたいと思います。

通電チェッカーはアース線を交換できるようにしました。

nice!(42)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 42

コメント 2

oink!

こんにちは~
LR41がピッタリ入るんですね。
透明のキャップが光るのもいいですね!
by oink! (2016-01-28 08:29) 

liveodyssey

うまくできた!と自己満足です。
ペンを探しているうちに次の工作も思い浮かびました。
by liveodyssey (2016-01-28 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0