So-net無料ブログ作成
太陽光発電 ブログトップ

ソーラーパネル用バッテリーの電圧計を改良しました。 [太陽光発電]

以前、バッテリーの電圧計を設置しましたが、手元ではなく屋外に設置していたので、壊れてしまいました。今度は、手元に置けるように作り直しました。
Voltage_1.JPG

続きを読む


バッテリー電圧 [太陽光発電]

DSC05312.JPG
ソーラーパネルで充電しているバッテリーの電圧計をやっと設置しました。
現在11.72V もう少し電圧が下がるとダウンします。
昼間は12.8Vくらいあります。負荷がなければ13V位ありますが、インバータ自体の負荷もあります。
電圧計の調整も簡単にしまhしたが、もう一度 正確に調整してみたいと思います。
H26_8_13追記
DSC04980.jpg
現在 バッテリー5個で運用中です。 多少 持続時間が長くなりました。
でも、これから日照時間が短くなると どうでしょうか?

電圧計の設置 [太陽光発電]

ys-1.jpg

電圧計の設置と言っても、車にではありません。ソーラーパネル用です。以前より気になっていましたが、インバーターがダウンする直前にバッテリーの電圧が急激に低下して、警告の後、すぐにダウンするので、チャージコントローラー自体にに電圧が表示されますが、室外に設置してあるので、室内からバッテリーの電圧が監視できるように、電圧計を用意しました。手元に秋月電子買った電圧計があったので活用してみたいと思います。

この電圧計は表示部に5Vの電源が必要です。測定したい電圧が12Vなので、別に電源を用意しなければなりません。5Vなので、100円ショップのUSB電源を買いました。12Vがちゃんと5Vに変換されていますが、この5Vを電圧計につないでも表示しません。少し電圧が不足しているのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0) 

バッテリーでパソコン使用中 [太陽光発電]

バッテリーの容量が不足していますが、日中すぐに充電が完了し、夜間、バッテリーでパソコンを使用しています。でも電圧が急激に下がり、おおよそ2時間くらい使用できます。もっとバッテリーを増やそうと思いますが、永遠に電気代の回収が出来なくなります。バッテリーに蓄電ではなく、電力会社に売電したほうがよいみたいです。
外にチャージコントローラがあるのり、電圧が表示されていますが、電圧が下がると、警告音の後、すぐにインバーターが落ちるので、、室内に電圧計を設置しようかなと考えています。

チャージコントローラ [太陽光発電]

チャージコントローラとして CM5024Zを使っています。
12Vと24V両方対応です。現在は12Vで使用しています。
DSC05293.JPG
どうやら ソーラーパネルの容量が大きい場合は24Vで使用するほうが効率がよいみたいですね。

太陽光発電 [太陽光発電]

DSC_0055.JPG
昨年の夏頃より、独立型で太陽光発電を実験しています。
ソーラーパネル3枚で230W×3で 690W位の発電能力があります。
チャージコントローラを使い、インバーターで100Vに変換して、パソコンの駆動に使っています。
安い自動車用バッテリーで使っていましたが、本日、安売りのバッテリーを2個追加しました。
合計4個です。2個の低容量では1時間くらいで、急激に電圧が下がりダウンしてしまいましたが、本日実験してみたら、2時間の使用ができました。
太陽のでている日中は余裕でパソコンくらいの使用はOKなのですが、バッテリーの容量が少ないのか夜間は日中に充電した電気ではまかなえませんでした。

充放電対応のハイブリット車用のバッテリーが極端に高く、果たして効果があるのかわかりませんのでとりあえず、安いバッテリーで実験しています。

昼間は土曜日と日曜日だけですが、太陽光発電の電力だけでパソコンを使用しています。
以前は、非正弦波タイプのインバーターを利用していましたので、パソコンの利用ができませんでした。
ホームセンターでや安いインバータを売っていますが、利用が制限されるのと、最大の欠点がファンモータの音が気になることでした。そこで、値が張りますが、正弦波タイプのインバータを購入しました。


太陽光発電 ブログトップ